糖質制限とおやつ

 健康診断で血糖値が高く、医師から食事制限をするよう言われたり、または既に糖尿病を発症していると、以前のように甘いおやつを食べることは出来なくなります。これはダイエット中でも同じ事。

 

 糖尿病は一度発症したら、今の医学では二度と治りません。そして、症状が進行すれば失明、腎不全、手足の絵祖、更に脳梗塞や心筋梗塞等の合併症を起こす恐ろしい病気です。

 

 しかし、判っていてもパンも麺類も米も、そして甘い物は中々止められないのが人間という物。そもそも、何故血糖値が高くなるかと言えば、元々炭水化物や甘い物が好きだからです。

 

 そんな、ダイエット中でも、血糖値が高くて糖質制限中の人でも、パンや麺類、甘いおやつを食べる方法が2つあります。

低糖工房

 最初が低糖工房。

 

 糖類ゼロのチョコレート、糖類ゼロのあんを使ったあんぱん、低糖質のロールパン、低糖質のベーグル、低糖質麺 etc。
 小麦ふすま、小麦たんぱく、大豆粉、食物繊維等を主成分に、砂糖の代わりに「高甘度甘味料」を使用。糖類、澱粉類を可能な限り除いた食品を提供する、低糖質食品の専門店です。

 

 ちなみに「低糖」とは、栄養表示基準に基づいて、食品100g中糖質量5g未満のものに表示することが出来ます。

 

糖ダウン

 では低糖質のスイーツやパンを手に入れて、それで済むか?と言えば、そんなことはありませんね?。

 

 外食する時、旅行に出た時にも持参した低糖食品だけ食べるという訳にもいかないでしょう。生きていれば職場での付き合いもあるし、どうしても炭水化物や甘い物を食べる機会は避けられません。

 

 それに

 

 「テレビに出ていたあのラーメン屋に行きたい」
 「新作のコンビニスイーツが食べたい」
 「今日は友達とお茶会で」
 etc。

 

 こんな欲求を抑えて仙人のような生活を送るのも不可能です。

 

 そんな時に、摂取した糖分の燃焼をサポートし、血糖値の上昇を抑えるサプリメントが糖ダウン。

 

 ALA(5-アミノレブリン酸リン酸塩)と言うアミノ酸の一種が糖をエネルギーに変える力を高め、空腹時血糖と食後血糖をダブルでサポート。臨床試験では、血糖値の処理能力が低い人ほど大きな改善が見られました。

 

 

 よくある”糖分の吸収を穏やかにする”食物繊維などは、食事の度に摂取しなければなりませんが、糖ダウンは1日1回飲むだけで良いのも便利な所です。

基礎代謝と糖ダウン

 人間の基礎代謝は年齢と共に低下します。炭水化物の好きな人、甘い物が好きな人、外食が多い人、若い頃は大丈夫でも年と共に血糖値が上がりやすくなっています。日常的に運動する習慣がない人はなおさら。

 

 しかし、糖ダウンを飲めば、ALAが糖を燃焼させてエネルギーに変え、血糖値の上昇を抑えます。しかも、エネルギーを生み出す働きを高めることで、活力を高める効果も期待できます。実際に使用者の中には、「以前より元気が出た」という声があるのです。

 

 血糖値が高めで疲れやすい、と言う方には特にお勧めします。